馬鹿な人の特徴と仕事ができない人とできる人の見分け方

馬鹿な人の特徴-仕事ができない人とできる人の見分け方

「それは間違っている…」と叱られ説教される人が職場には少なからずいるものです。周囲の人もどこか違う人…なんかおかしいと感じています。

ただ馬鹿な人の反対を頭のいい人と思っている人がいることで、この手の話は誤解などが多い話でもあります。

誤って人を傷付けないように、きちんと理解して、しっかりと見分けられるようになりましょう。

馬鹿な人と利口な人の特徴

冒頭で「ただ馬鹿な人の反対を頭のいい人…誤解などが多い話でもあります。」と伝えましたが、馬鹿の反対語は利口です。

これを理解していないと人を誤って傷付けることがあります。まず最初に言葉の意味からみていきましょう。

馬鹿とは
1 知能が劣り愚かなこと。また、その人や、そのさま。人をののしっていうときにも用いる。あほう。⇔利口
2 社会的な常識にひどく欠けていること。また、その人。
3 つまらないこと。無益なこと。また、そのさま。
4 度が過ぎること。程度が並はずれていること。また、そのさま。

利口とは
1 頭がよいこと。賢いこと。また、そのさま。利発。⇔馬鹿(ばか)。
2 要領よく抜け目のないこと。また、そのさま。

バカな人とアホな人の反対は、利口な人だとわかります。言葉の意味を知ると、頭のいい人だけが仕事のできる人ではないこともわかります。

馬鹿の治し方・バカにされない方法

馬鹿の意味と反対語がわかると、馬鹿の治し方やバカにされない方法に気づきます。

馬鹿を治すには、勉強や仕事に励み、非常識な言動を避け、利口な人と付き合うこと。言葉にすると意外と簡単ですよね。

実践することで、バカにされない方法になるのですが、すべてはあなた次第です。

次は、言葉の意味から、馬鹿な人と利口な人の特徴と違いをみていきましょう。

馬鹿な人と利口な人の特徴と違い

仕事ができない人とできる人の違いを馬鹿な人と利口な人の違いにわけてみます。

仕事ができない人には、馬鹿な人をあてはめます。仕事ができない人の特徴は、“頭が悪いこと、愚かなこと、要領が悪く手間暇のかかること”になります。

仕事ができる人には、利口をあてはめます。仕事ができる人の特徴は、“頭がよいこと、賢いこと、要領よく抜け目のないこと”になります。

このように考えることで、誤解も防止できますし、仕事ができない人とできる人の特徴と違いも明確になります。

次は、仕事ができない人とできる人の特徴と見分け方です。

仕事ができない人とできる人の特徴と見分け方

先の特徴と違いから、仕事ができる人とできない人が見分けられるように、連想する行動から特徴をわけてみます。

仕事ができない人の特徴
・話を聞かない(仕事を理解していない)
・仕事が遅くミスが多い
・段取りが悪い(根回しが下手)…など

仕事ができる人の特徴
・話を聞く(仕事を理解している)
・仕事が早くミスが少ない
・段取りがよい(根回しが上手い)…など

この行動より、即座には判断できないことがわかります。流れから考えると、早ければ話の段階で話を聞かない人か、話を聞く人かわかります。

その時点で、仕事ができない人とできる人を見分けることができますが、難しい場合は、打ち合わせをして仕事を理解しているか、質問や確認をしてみることです。

仕事ができない人か、できる人かを見分けるには、打ち合わせをして簡単な仕事を任せる必要があります。

人を見誤らないために必要なこと

新人や経験の浅い人の場合は、最初の“話を聞かない(仕事を理解していない) or 話を聞く(仕事を理解している)”に注目することです。

ただし、仕事の話は簡潔にわかりやすく伝えなければ、理解に苦しみます。この場合は、伝え方が悪いと考えられるので、相手を仕事ができない人と判断するのは早計です。

指導する人が、仕事ができない人の場合、相手が話を理解できないのは必然です。また間違った指導で、仕事を依頼するとミスも多くなります。

人を見誤らないためには、指導している人にも注意して、自らを省みることも必要です。

具体的にどういうことなの?

ここで、仕事ができない人とできる人の特徴について、もう少し具体的に知りたい人もいると思います。

職種などによっても変わりますので、一概には言えませんが、それぞれの記事を読んでください。

▶ 「仕事ができる」「仕事ができない」って要するにどういうことなん?
▶ 僕が実際に雇った仕事ができる人の6つの特徴
▶ 仕事ができる人の働き方とは?
▶ 秘書だからわかる!仕事ができる人「4つの特徴」
▶ 仕事ができる人と仕事ができない人の5つの違い

大変、参考になる記事でした。特徴から傾向をつかんでもらえれば、最初にあげた馬鹿な人と利口な人の特徴が、仕事ができない人とできる人の特徴につながることも納得していただけたのではないでしょうか。

馬鹿な人と利口な人の特徴とリンクする

仕事ができない人とできる人について細かい特徴などをあげていけば、まだありますが、大事なのは馬鹿な人と利口な人の特徴とリンクする言動によって、人が区別しているところです。

人から馬鹿な人と思われたくなければ、馬鹿な人の特徴に該当するようなことをしなければよいことになります。

逆も同じですが、人からどう思われたいか(思われたくないか)を言葉の意味から調べれば、わかることもあるので注意しておきましょう。

少し話がそれたので、次で戻します。

一緒に仕事をしないと見抜けない

特徴や見分け方に納得している人は、一緒に仕事をした経験から見分けている人だと思います。

理由は、一緒に仕事をしないと相手の細かいところまでわからないからです。わかるのは上辺だけで、表面的なことくらいです。

仕事のできる人の行動としてあげていた、仕事が早い人の特徴をみてみましょう。

▶ 仕事が早い人=仕事がデキる人!仕事が早い人に共通する10の特徴

一緒に仕事をしていなければわからないことがありました。仕事ができない人とできる人を見分けるには、一緒に仕事をすることが必要です。

ネットに書いてあるから、あの人はできない人、できる人と決めつけることはしないようにしましょう。

仕事ができないと感じるときは…

仕事ができないと感じている人は、仕事が合っていないせいかもしれません。

転職をすすめるわけではありませが、向いている仕事に就いた場合、仕事ができる人になれるわけですから、転職も悪くないと思います。

自分の仕事を天職と言う人もいます。自分に向いている仕事を探すなら、選り好みせず、何でも挑戦してみることが大事です。

できない仕事をするよりも、天職に就いたほうが、自分にとっても会社にとってもいいと思いませんか?

自分の思考や習慣を変える

仕事が出来る人になりたい、馬鹿な人と思われたくない、仕事ができない人と思われたくない、仕事のできる人と思われたい、仕事が出来る人になるにはどうすれば…などなど、いろいろと悩むこともあります。

そんな時は、正直者が馬鹿をみることのないように思考や習慣を変えることが大事です。さっそく専門書を読んでみましょう!

漫画になって再登場した作品です。

▶ 楽天でよむ ▶ アマゾンでよむ

まとめ

馬鹿な人の特徴と仕事ができない人とできる人の見分け方でした。

馬鹿な人と利口な人の特徴と違いから、仕事ができない人とできる人の見分け方がわかりました。見誤らないために必要なことは、一緒に仕事をすることでした。

悩みのある人は専門書を読むことをおすすめします。

馬鹿な人や仕事ができない人とできる人について、細かい特徴をあげていけばキリがないと思いますが、見分けるには言葉の意味を知るだけで十分でした。枝葉は分かれていても、根っこはここですから。

最後に、仕事のできない人を馬鹿にしたり、けなしたりすると人間性が疑われるので気を付けてください。


お読みいただきありがとうございます。
↓クリック&シェア頂けると幸いです!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください(スパム対策)